ボールルームダンス×演劇!

 日本を代表するトップレベルのダンサーたちと元宝塚歌劇団スター、ボールルームダンス初挑戦となる千葉涼平・鈴木福、そして本作で初舞台を踏む土屋炎伽……など豪華キャストが夢の競演!!

 2017年4月に行なわれた第一回公演では、チケットがすべて完売し、18年に再演。 2019年7月の前作「I'm Here !」も満員御礼、大盛況で幕を閉じました。ダンスの本格的なエンターテイメント作品で、笑いあり涙ありの【FOCUS】。 2021年、最新作『イッツショータイム!!』東京・大阪公演、上演決定!

【FOCUSとは】
 元宝塚歌劇団のスターによるお芝居と、トップダンサーたちの表現力豊かなダンスで、ひとつのストーリーを紡いでいくのが「FOCUS」の特徴。“ボールルームダンス×演劇”という今までにない新しい切り口のエンターテインメント作品。

​【「イッツショータイム!!」あらすじ】

 寂れた商店街に小さなダンスホールを営む神保原家。三姉妹の長女、操(鳳翔大)は常連客を大切にしながら平穏な日々を送っている。

 大手開発会社に勤める次女、希(伶美うらら)と同僚の川口方正(千葉涼平)はある日、上司である茅ヶ崎翔(新垣幸三)に商店街の再開発計画の立案を命じられる。しかしそれはダンスホールの存続を危ぶむものだった。

 一方、カフェでアルバイトをする三女の栞(岡田サリオ)はひょんなことから、神田吾郎(小南竜平)桶川光一(鈴木福)と知り合う。栞と神田はお互い惹かれあう仲になるが、実は神田はダンスホールの借金の取り立て屋であった。

 操はかつて競技ダンスのライバルであった大崎雅(土屋炎伽)との再会でダンスへの熱い想いや煌びやかなショーへの憧れを再燃させていく。

 それぞれの思いが交錯する中、ダンスホールの買収計画は着々と進んでいき……。

 イッツショータイム!! 運命のダンスショーがいま、幕を開ける。